ニュース

ODU-MAC® PUSH-LOCKはODUの新開発製品です。

Mühldorf am Inn,

プロダクトマネージャーのMarkus Rochauに話を聞きました。

創立以来75年以上経ちますがODUは常にコネクタソリューションのスペシャリストとして世界で認められてきました。世界各地に広がった生産拠点と流通網、そして常に革新を追い続ける姿勢がODUの大きな特徴です。

プロダクトマネージメントにおいても、あらゆることが追求されています。Rochauさん、ODUにはいつ入社し、現在責任者として担当している分野は何ですか?

2016年5月から私はプロダクトマネージャーとしてODUに務めています。ここではODU-MAC® Blue-Lineの責任者として従事しています。

新製品ODU-MAC® PUSH-LOCKの特長は何でしょうか?

まずはお客様から、もっとコンパクトなODU-MAC®コネクタを作れないかというご要望があったのが、事の始まりです。人間工学に基づいた設計で、取り扱いが簡単、同時にできるだけ小さいスペースで柔軟性の高いコネクタを提供したい、それが目標でした。すべてにおいて小型化の追求が国際的なトレンドである現在、コネクタでもサイズ設計がとても重大な役割を果たしています。こうして出来上がったのが、小型で5,000回以上の着脱回数を誇るこのハイブリッドコネクタです。このコネクタはあらゆるモジュールで実装可能で、保護等級IP67を満たしています。さらに、比較的大きめなM25のケーブルアウトレットもODU-MAC® PUSH-LOCKの特徴です。

この製品では、ODUがプッシュプル丸型コネクタで培ってきた長年の経験がフルに生かされています。ロック方式とモジュラー式構造のコンビネーションこそ、この革新的なハイブリットコネクタの特徴です。

プッシュプルロックの利点はどこにあるのでしょうか?

プッシュプルロックの最大の特長はその簡単さと信頼性の高さです。このロック方式だと非常にスペースが節約できるため、例えば複数のコネクタを並べて取り付けることが可能です。もちろんこれはコンパクトな設計があって初めて可能なことです。プッシュプルロック方式と、低嵌脱力により直感的な片手による操作が可能です。
ODU-MAC®はモジュール式で主に角型のコネクタを提供している製品ラインです。そのほかにSilver-Line、White-Line、Blue-Lineがあります

ODU-MAC® PUSH-LOCKもBlue-Lineと同じ製品ラインに属しているわけですが、Blue-Lineの特長は何ですか?

ODU-MAC® Blue-Lineの製品ラインは、手動による接続操作とモジュール性が大きな特徴です。このソリューションは経済性が高く、ユーザにとって極めて取り扱いが簡単です。使用開始も、モジュールがクリップイン式で簡単に取付可能なため、非常に便利です。さらにODU-MAC® Blue-Lineには、コンタクトを挿入側で交換できるという利点があります。それによりアセンブリ完了後でも圧着クリップコンタクトの簡単な取外しが可能です。

この新しいモジュール式コネクタにはどのようなコンビネーションの可能性があるのですか?

ここでは信号、電源、HFシグナル(同軸)、圧縮空気、流体、データ伝送などを包括するモジュールが可能です。最高の充填密度で、最大7ユニットまで個別の嵌合コンビネーションが実現可能です。しかも最低注文数もたった1個からお承りしています。

この新しいハイブリッドコネクターはどのようなアプリケーション分野で使用されるのでしょうか?

使い方が非常に簡単でコンパクトなため、多様なアプリケーションが可能です。試験・測定技術、ラックシステム、医療技術、機械・プラントエンジニアリング分野、さらにイベント産業やデータセンターなどの特殊アプリケーションでもODU-MAC® PUSH-LOCKをご利用いただけます。

この新製品の利点が一番重宝されるのはどんなケースでしょうか?

このコネクタは使い勝手がとても簡単なので、毎日の仕事の負担が軽くなり、どのユーザーにとってもありがたい存在になること請け合いです。例えば医療技術においては、片手操作できることが大きな利点です。ご要望によりODU-MAC® PUSH-LOCKはホワイトでも提供できます。さらに最高6つまでメカニカルコーディングが可能ですので、誤嵌合が防止できます。5,000回以上の着脱回数と、長寿命もODU-MAC® PUSH-LOCKの特長です。

More product information