ニュース

ODU-MAC® Blue-LineがProduct of the Yearを受賞

Mühldorf am Inn,

ミュールドルフ・アム・イン/ミュンヘン 電子業界専門誌「エレクトロニクス」の第21回読者選考で、ODU-MAC® Blue-Line(モジュラーコネクタ)が「エレクトロメカニック」部門で2019年のProduct of the Year第2位に選ばれました。 これは、これがなければ電子機器が機能しないというエレクトロメカニックのコンポーネントに与えられる賞です。ODUのモジュラー式コネクタシステムの製品マネージャーであるMarkus Rochauが昨日、華々しい授賞式でエレクトロメカニック部門での賞を手にしました。

この機をお借りし、お客様各位にわが社の製品にお寄せいただきましたご信頼に感謝し、今回の受賞をわが社一同とても喜んでいることをお伝えしたいと思います。このような賞に輝くのは、わが社のチームの日頃の努力が認められた証拠であり、同時に将来に対する開発と革新の心意気をさらに高めてくれるものです。

最小取付スペースでの組立てを可能とする、お客様それぞれのニーズを満たすコネクタソリューション

ODU-MAC® Blue-Lineが提供するお客様のそれぞれのニーズにぴったりフィットするコネクタシステムは、組立が簡単なだけでなく、エンドユーザによる着脱も手軽であることに焦点を絞って設計されています。ODU-MAC® Blue-Lineの便利な特長は、特殊なコーディング機能によりモジュールの誤嵌合がないことです。さらに、コンタクトを嵌合面から交換できるため、取付・取外しが非常に簡単になっています。ODUならではのスピンドルロッキングによりハウジングは人間工学に基づいた設計でユーザーが簡単に開閉できます。お客様のニーズに従ってモジュールは、信号、電源、大電流、大電圧、同軸、または空気や流体等の媒体、高速データ伝送や光ファイバーなどを組み合わせることが可能です。現在のところODU-MAC® Blue-Lineは最大740のコンタクト、1万回以上の着脱回数を誇る、市場で最高密度かつハイブリッドなコネクタです。ぜひ詳細をこちらでご覧ください:https://www.odu.co.jp/products-solutions/modular-connectors/odu-mac-blue-line/

ODU-MAC® Blue-Lineのコネクタソリューションは、例えばレントゲン撮影装置とモニター台車を結ぶインタフェース、または皮膚科でのレーザー治療器と個々のアプリケータを結ぶコネクタなどに使用されています。また測定・試験技術分野、機械工学分野でも多種多様な応用でお使いいただけます。

専門誌「エレクトロニクス」の編集部とポータルサイト「elektronik.de」ではこの賞の予備審査で、計111の製品をノミネートしました。ノミネートされた製品は自動車部門、オートメーション部門、能動部品部門、受動部品部門、エレクトロメカニック部門、組み込みシステム設計部門、開発ソフトウェア部門、計測技術部門、オプトエレクトロニクス部門、センサー技術部門、電源供給部門にまたがりました。最終的に読者がそれから、誰が受賞に輝くか決定したのです。

Markus Rochau(ODU-MAC Blue-Line製品マネージャ―)、Dominik Weichselgartner(設計者)