Spirit of innovation
ODU - The ODU success story
2017

75周年!

 ODUのコーポレート・ブランドは、75年前にOtto Dunkelが編み出した独創的なアイデアに始まり、現在に至るまでの成功の道を歩んできました。創業者ドゥンケルの独創的な精神は、我が社の中心で生き続けています ― 過去も、現在も、そして未来にも。

2016

新たな製造拠点、ODU メキシコ設立

 ODUは、新たな製造拠点をメキシコ・ティフアナに設立しました。この拠点の目的は、アメリカで成功を収めているビジネス・プロジェクトを拡大し、かつアプリケーション別にお客様本位のカスタム型製品を推し進めていくことにあります。ヨーロッパと同様、完全に組立済みのコネクタの取扱いは、北アメリカでより強化される予定です。

2016

開発から30周年、 革新的なモジュラーコネクタODU-MAC、 新シリーズをリリース

ODU-MACが世に出てから30年が経ち、その技術が経験に裏打ちされたものに昇華された今、ODUはついに新シリーズであるODU MAC ブルーラインを打ち出します。これにより、モジュラーシステム角型コネクタに新たなパワー・クラスが加えられます。

2015

ODU Japan K.K. 設立

2014

ODUデンマーク、ODUイタリアを設立

 

 ODU AMC 高密度タイプは、市場で最もコンパクトかつ軽量なコネクタの一つです。本製品によって、コネクタの最小化における新たなスタンダードが樹立されました。極小コネクタの新たな次元への突入です。

 

2012

上海、中国にて製品開発センター(PDC)を設立

2011

ODU AMC丸型コネクタシステムが市場でヒット

2011

1億ユーロ以上の売り上げ

2010

電気自動車用大電流コネクタ開発

2006

ODU ROM Manufacturing S.R.L. ルーマニアに設立

2005

DU Automotive Inc. 設立

2004

ODU Automotive GmbH 設立

2002

 

ODU上海 (貿易部門) 設立

 ODU MINI-SNAPシリーズ、医療分野向けに事業拡大:プッシュプルコネクタODU MEDI-SNAP販売開始。

 

2001

ODU上海 (貿易部門) 設立

 ODU MINI-SNAPシリーズ、医療分野向けに事業拡大:プッシュプルコネクタODU MEDI-SNAP販売開始。

1996

ODU フランス 設立

1992

丸型コネクタ ODU Mini-Snap 販売開始

1987

ODU イギリス 設立

1986

モジュラーコネクタ ODU-MAC 販売開始

1985

ODU アメリカ 設立

1975

ODU Steckverbindungssysteme GmbH & Co. KG マーケティング・販売会社として設立

 

 最初のプリント基板 (PCB) コネクタが製造される。

 

1969

 

 ODU、電子コネクタの開発を始める。ODU CARTシリーズが製品一覧に加わる。この「ボード-ボードコネクタ」は、制御システムのように限られたスペースでのスタックの構築を可能にしました。

 

1960

全従業員数が140名に拡大。総売上高が100万ドイツマルクを突破。

1955

 Otto Dunkel GmbHがスプリングプラグピン (現在のODU スプリングワイヤーシングルコンタクト) の特許を取得。

1942

Otto Dunkel がベルリンで起業

1937

Otto Dunkel、スプリングワイヤーコンタクトを考案

 Otto Dunkelは、落ち葉が箒で掃かれるのを見て、ある天才的なアイデアを閃きました。それはまさしく、スプリングワイヤーコンタクトが産声を上げた瞬間でした。多数の枝を集めて作られた箒を模して、Dunkelは一つのコンタクトをいくつもの枝に、すなわち複数のスプリングに分割してみせたのです。

 

 その結果、均一な接触圧での接触抵抗が実現しました。スプリングワイヤーコンタクトは、これまで接続システムの弱点と言われてきた不安定な接続を克服したのです。